こんなこともやってます - 益子整形外科

こんなこともやってます

スポーツ整形外科

アマチュアスポーツを応援しています
スポーツ整形外科では、骨折や捻挫といった外傷に対する治療から各競技におけるトレーニング方法の指導、そして体調のコントロールにいたるまで内容は多岐に渡ります。

骨折や捻挫の治療といいましても年齢・競技によって、また試合のスケジール等によって治療法は変わってきます。健康増進を目的とされる方、競技で結果を求められる方等色々な目的があると思います。それぞれの方に合わせてストレッチ療法、筋力トレーニング療法などを合わせて行ってまいります。

それぞれの目的に合わせた的確なアドバイスを日本体育協会認定スポーツドクターの立場よりさせていただきます。

リハビリテーション

当院のリハビリテーションは温熱機器・電気機器・マッサージ等を用いて患者様の健康管理のお手伝いをさせて頂きます。骨折・捻挫の治療から頚部痛・腰痛・膝痛といった慢性疾患に対する治療まで幅広く行っております。どのようなことでもご相談ください。訪問診療・訪問リハビリテーションも行っております。

装具診

腰痛・膝痛・術後の管理等々に対し、現在では色々な方が装具を使用されております。
装具と一口に言いましても、簡易的なものからオーダーで作成したものまで多種多様です。
患者様の中には市販品より高価で大げさと考えている方もいらっしゃいますが、当院で扱います装具は全て保険適応です。使用用途に合わせて作成いたしますので、治療の一環として使用される方から、毎日の生活を健康に送りたいという方までご使用頂けます。
幾つかの例を紹介いたします。

1、腰痛

腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・骨粗鬆症や加齢による変形・側湾症などに使用しております。大げさな物を想像される方が多いですが、簡易的な物で十分な方がほとんどです。

腰痛

2、膝痛

変形性膝関節症の方が多く、成長期のオスグット病や筋力の強化のために使用しております。歩行時のサポートや変形の強制として利用されている方が多いです。

膝痛

3、手関節

腱鞘炎の方が一番多く、仕事で重いものを持つ方・文章を書く方などが多く利用されております。使用頻度が高いため、装具の種類が一番多いのが手関節です。皆さん生活環境に合わせて使用されております。

手関節

4、足の障害

外反母趾の方が一番多いです。痛みを緩和するために、又強制するために足裏に装具(足底板)を装着します。又仕事で立っている時間が長い方やよく歩かれる方など、ふくらはぎからアキレス腱・足裏に痛みが出る方にも足底板装具はとても有効です。

足の障害

5、その他

室内で使用します歩行器や車椅子、杖の作成も行っております。身長・体重等により市販品では合わない患者様を多く見かけます。何なりとご相談下さい。

その他

簡易的な装具で十分の方もいらっしゃいます。

スポーツ装具診

靭帯断裂や損傷に対し不安定性を改善するために、骨折後のスポーツ復帰までのサポートとして、スポーツ時のウイークポイントを改善するため等々に装具を使用しております。当院で扱います装具は全て保険適応です。簡易的なものから型を形成し、オーダーで作成したものまで多種多様です。幾つかの例を紹介いたします。

膝の装具です。スキー中に骨折し、日常生活において不安定性を認めるために装着しております。

膝の装具

腰椎分離症に対する装具です。型を取り計測しています。3ヶ月から6ヶ月程度装着いたします。

腰椎分離症に対する装具腰椎分離症に対する装具

スポーツ用の足底板です。サッカーや野球、陸上競技の選手などがパフォーマンスアップを狙い装着しております。

スポーツ用の足底板スポーツ用の足底板

使用用途などどんなことでもご相談下さい。尚装具診は、毎週木曜日午後五時より行っております。型を形成後作成いたしますので完成までに一週間お時間を頂いております。

ペインクリニック

ペインクリニックとは、神経を一時的に麻痺させて痛みを取る治療です。肩が挙がらない・足が痛くて歩きにくい・膝が痛くて杖が無いと歩けないといった症状を訴える患者様は多くいらっしゃいます。
このような患者様に痛みのコントロールを行い健やかな日常生活を送って頂くための治療です。

骨粗鬆症外来

簡単に言えば骨が弱くなる病気です。年齢を重ねてくるとどんな方でも起きてきますので、病気とは少し違うかもしれません。
一般にはカルシウムの不足と考えられていますが、現代の食生活では、実はカルシウムが不足している方はとても少ないのです。
当院では、骨密度検査・血液検査・尿検査の結果より総合的に判断し、患者様個々に合った治療を行っていきます。

アンチエイジング

日本抗加齢医学会認定
日本語にすると抗加齢、すなわち加齢に対抗という意味になります。整形外科の疾患には加齢による疾患が多いのが特徴です。年齢を重ねてくると若い頃に普通に出来たことがだんだんと出来なくなってきます。これは予備能力を蓄えることで改善することが出来るのです。

健康長寿でいつまでも若々しくいられるように、食事、運動、サプリメントなど何なりとお尋ねください。日本抗加齢医学会認定指導士という立場からアドバイスをさせていただきます。

漢方

最近では漢方は少しずつ認知されるようになってまいりました。漢方の特徴としましては、一般に処方される薬に比べて胃腸障害が少なく長期間服用できる長所があります。また、疲れやすい方などのサプリメントとしても使用されております。ご相談下さい。

足白癬(水虫)治療

国民病とまでいわれる水虫ですが、医学的には足白癬と言います。日本人全体の2割、サラリーマンに限定すればその4割に足白癬があるという統計があります。驚くべき高率です。

当院では投薬治療(飲み薬)や外用薬(付け薬)によって治療を行います。簡単に治ると思われている方が多いようですが、皮膚の白癬でも三ヶ月・爪の白癬では六ヶ月の時間を要します。

陥入爪手術(まき爪)

陥入爪とは一般に巻き爪といわれるものです。
爪が巻くことによって皮膚にぶつかり痛みが生じます。 

爪が巻いてる状態です

爪が巻いてる状態です

進行して炎症を起こしています

進行して炎症を起こしています

陥入爪の治療は、抗生物質で炎症を抑えて症状が改善する状態から、
爪の変形が強く手術を要するものまで、患部の状態によってその対応が異なります。
手術が必要な症例に対しては、局所麻酔下に行います。 
手術は点滴等も含め約20分です。
術後は約一週間で抜糸(縫った糸を抜くこと)を行います。
翌日には通常の歩行が可能ですので、仕事等の都合に合わせて行うことが出来ます。

陥入爪手術(まき爪)

ばね指手術

ばね指とは、指の付け根付近で指を曲げると腱が引っかかってしまう病気です。
患者さんが受診されるときには、指を曲げようとしても引っかかって動かない、
又動きにくくカクッと音がする といった症状を訴えて受診されます。

ばね指手術 ばね指手術

これは指を曲げると腱が腱鞘というものに引っかかってしまうためです。
原因としては、使いすぎ等による腱鞘の肥厚や腱の肥大が考えられます。

ばね指手術

軽いものでしたら運動療法で改善します。
第一関節・第二関節をよく動かすと引っ掛かりが取れてきます。
運動療法にて症状が改善しない場合には、患部に注射をします。
注射後に運動療法を行うと引っ掛かりが取れてきます。
運動療法や注射療法で効果の出ない時には、局所麻酔下に腱鞘の切開を行います。
手術は点滴等も含めて約20分です。
翌日からは、ゆっくりと指を動かしていただき、通常の生活に戻ることが可能です。

内科

高血圧、糖尿病、肥満などの患者様に対し、内科医師と連携のもと、ダイエットの方法や運動法を提案させて頂き、健康管理のお手伝いをさせて頂いております。

当院へのアクセス 診察時間
モバイルサイトはこちらから